倉永美沙がボストンバレエを退団した理由や年俸!生年月日や性格を調査!

スポンサーリンク
有名人
スポンサーリンク

日本人ながら、ボストンバレエ団で活躍なさっていた倉永美沙さんが退団されて少し経ちます。

ボストンバレエ団を退団された理由や、一流バレリーナの年俸などが気になりますね。

倉永美沙さんについて、生年月日などプロフィール、そして性格などについても調べてみたいと思います。

倉永美沙がボストンバレエ団を退団した理由は何だったのか?

倉永美沙さんですが、大阪で7歳からバレエを始められ、17歳で第29回ローザンヌ国際バレエコンクールに入賞されます。

(プロフェッショナル研修賞を受賞され、研修先はサンフランシスコバレエ団でした)

その後、倉永美沙さんとしては、ホームグランド的な場所となるボストンバレエ団に入団されています。

のちに、倉永美沙さんが術懐されている記録を探しますと、ボストンバレエ団は本当は行きたいバレエ団ではなかったとのこと。

スポンサーリンク

倉永美沙さん、ご自身のご意見を書いてみますと…

「ボストンバレエ団は、実は第一希望のカンパニーではなかったのですが、今となってはそのバレエ団に行くべき運命だったと感じています。

私が不得意だった脚のスキルやテクニックを徹底的に叩きこまれたので、ボストンバレエ団とは出会うべくして出会ったんだなと思います」

そして、ある程度 ボストンバレエ団にプリンシパル(=主役級のダンサーを指す言葉)になったのですが、やはり第一希望だったサンフランシスコバレエ団に行きたい希望があったようです。

ということで、ボストンバレエ団を退団して、サンフランシスコバレエ団に移籍した、というのが真相ではないかと思います。

(恐らく、ローザンヌ国際バレエコンクールのご褒美というのが、トップクラスであるサンフランシスコバレエ団での研修ということではなかったかと思います。

そこでの研修ののち、やはりその時点では、サンフランシスコバレエ団に残ることは許されず、ボストンバレエ団に移籍されたのではないか?)

これが、倉永美沙さんがボストンバレエ団を退団されて理由ではないかと想像します。

倉永美沙さんの年俸水準はどれくらいなのか?

倉永さんに限らず、やはり本場でない日本ではバレエダンサーで食べていくということは極めて難しいようで、実力者は海外に新天地を求めるようです。

生活水準は高く出来るのですが、非常に高い水準の実力が求められる世界ということになると思います。

倉永美沙さんの年俸はどれくらいなのか?

バレリーナの年俸と言っても、全く想像がつかない世界ですね。

日本の国内のバレエ団ですと、1回の公演で2~5万円のギャラが支払われ、公演が年30回くらいはあるようです。

新国立劇場の国立バレエ団ですと、これに日当2800円が週5日分支払われるとのことで、普通の勤め人のレベルではないようです。

ということで、夢を抱いて海外に移動する人が少なくないのだと思います。

イギリスのロイヤルバレエ団で主役を演じてきたバレリーナの吉田都さんの年収はおよそ1200万円であることを演出家の熊川哲也さんが話しておられたようです。

海外で、かなりのトップで1200万円クラスであり、そこまで行けてないバレリーナはバレエ教室などで教えるなどのバイトも持っておられたりするようですね。

倉永美沙の生年月日は?

倉永美沙さんのプロフィールをちょっとまとめてみます。

倉永美沙のwiki風プロフィール

出身地:大阪

生年月日:1987年(昭和62年)12月31日

年齢:令和元年の年末で32歳

経歴:7歳にて 大阪の地主薫エコール・ド・バレエ
(地主薫バレエ団)にてバレエのレッスンを始めた。

17歳にてスイス・ローザンヌ国際バレエコンクールで入賞

その奨励賞としてサンフランシスコバレエ団での研修を認められた。

ボストンバレエ団に移籍してプリンシパルダンサーとなる。

上記のように、サンフランシスコバレエ団へ移籍した。

倉永美沙の性格は?

これについては、客観的な情報が少ないので、倉永美沙さんご本人のお話を中心に書いてみます。

倉永美沙さんは、幼稚園の頃から活発過ぎて、園の先生から真っ先に名前を覚えられるような子供だったようです。

なんで幼稚園で一人、おとなしく座っていなくちゃならないのか?と思い、幼稚園を抜け出して、近くの広場で一人走り回っていたこともあったとか。

家族でディズニーランドに遊びに行っても居なくなり、迷子として発見されても敢えて違う名前を答えたりしたとか…

ご本人の弁では「多分見つかりたくなかったんじゃないかと…」

バレエの世界に入っても、最初から優等生で通すタイプではなかったようなのですが、個性が強くやり通す意志の強さがある人なのだと思います。

ある時「ルックスが良くて、あまり練習しないAさんと、努力して自分を磨き続けるBさんと、30歳になった時、どちらが残っている?」と聞かれてハッとしたと言います。

それ以降は『トレーニングマシーン』とまで呼ばれるほど(日本で言うところの『練習の虫』というやつですね)練習に没頭され、誰もがかなわないレベルに達しておられるわけです。

ちょっと、まとまりのない書き方になりましたけど、倉永美沙さんってそんな性格の人のようですね。

まとめ

倉永美沙さんがボストンバレエ団を退団した理由はサンフランシスコバレエ団に移籍するため、ということでした。

倉永美沙さんの年俸や、生年月日ほかプロフィールをまとめました。

そして、すばらしい実績の基となる、倉永美沙さんの性格についても書きました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました